FC2ブログ
離婚を考える女性のコミュニティ りことも.net

↓本家サイトはこちらです↓
りこともネット

離婚を考える女性のコミュニティサイト
も運営しています。

りことも.net http://www.rikotomo.net/

現在、271名の女性が登録してくださっています。

離婚をのりこえ、第2の人生をハツラツに生きている女性
離婚を前に、いろいろと悩みを抱えている女性
そんな女性たちの情報交換の場を提供していきたいです。

お気軽に遊びに来てくださいね。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【判例集】財産分与義務の相続-相続の対象となるとした事例-
今回も離婚判例集
をご紹介します。

【財産分与義務の相続-相続の対象となるとした事例- 】



==============
夫:太郎(仮名)
妻:花子(仮名)
==============
とします。
仮名です。




事案
昭和62年 大分地裁

花子と太郎は昭和32年11月婚姻し、昭和34年5月に長女を、昭和383年3月に次女をもうけた。
花子は昭和50年ころから正夫と不倫関係を結ぶようになった。花子は、昭和53年4月に家出して、そのまま正夫のもとへ行き、昭和53年5月に、花子と太郎は協議離婚した。正夫は、昭和53年1月に妻と協議離婚し、同年11月に花子と再婚した。

太郎は昭和55年1月に死亡。花子は、昭和55年5月に長女、次女が花子の財産分与義務を相続したとして、財産分与の審判申し立てをした。

長女と次女は、花子に対して、財産分与請求権が存在しないことの確認を求める本件訴訟を提起した。





判決

裁判所は、次のように述べ、花子に太郎との離婚に基づく清算的・扶養的財産分与請求権が全く存在しないということはできないとし、長女と次女の請求を棄却した。

「いわゆる清算的財産分与義務に関しては、それが財産請求権であることを鑑みると、その相続を否定する理由はない(民法896条参照)。

一方、扶養的財産分与義務については、長女らの主張のように、義務の一身専属性を肯定しつつ、被相続人の生前に財産分与請求の意思表示がなされたか否かで決する考えもあるが、にわかに採用しがたいといわなければならない。

むしろ、
民法上の相続制度の趣旨は、民法887条以下所定の相続人に対し、相続財産中に存在するその潜在的持分の取り戻しを認めるとともに、配偶者の場合、このような要請は離婚の場合にも存在し、これを規定しているのが民法768条であると解釈されること

相続人が、その承継した被相続人の立場に立って、財産分与に関する協議をすることも実際には可能であること

義務の相続を肯定したとしても、相続放棄・限定承認など民法上の他の制度によりその責任を相続財産の程度にとどめることが可能であること

扶養に関する一般規定である民法881条は「扶養を受ける権利はこれを処分することができない」と規定するだけであって、同条も明文上は扶養「義務」の「相続」を否定していないことなどを鑑みると、扶養的財産分与義務についても、その相続を肯定するのが相当であるといわなければならないとした





この判例に関するご意見・ご感想・コメント、随時募集中です。


離婚に関して、悩みや疑問が生じたら
 
りことも.netにアクセスしてね。


================================
離婚を考える女性のコミュニティ
りことも.net 【掲示板もあるよ】
http://www.rikotomo.net/ 【PC版
http://www.rikotomo.net/m/ 【モバイル

↓【モバイル版はこちらも使ってね】


弁護士プロフィールを検索できます
 ロイヤーズプロフネット
http://www.lawyer-prof.net/【PC版】
http://www.lawyer-prof.net/m/【モバイル版】

弁護士にネットで■無料法律相談できます
 ロイプロ法律相談所
http://www.lawyer-prof.net/sodan/【PC版】
================================
【芸能人の離婚】浅野とすれ違い離婚…Charaに子供の養育権
俳優の浅野忠信さんと歌手のCharaさんが離婚することになりました。

お互い仕事が忙しく、すれ違いの毎日がつづいていたようです。

でも、思うに、仕事が忙しくなかなか会えないからこそ、
同じ家に住み、短い時間でも会える時間を逃さないようにするべきなのではと思います。

しかし、当人同士の事情は、他人にはうかがい知れぬことなのだと思います。

この御二方の場合は
「発展的離婚、円満離婚、さらには浅野さんがお子さんにあう制限などはまったくなし」とのことなので、その通りなのでしょうね。

みなさんは、どう思われますか?

コメントなど随時募集中です。


 俳優の浅野忠信(35)と歌手のChara(41)が25日、協議離婚したことをそれぞれの公式ホームページで発表した。

 いずれも連名で「2人でよくよく話し合った末、これからも尊敬しあい尊重し合って行くために、別々の道を歩こうということになりました」と報告。離婚届は同日午前0時すぎ、代理人が都内の区役所に提出。浅野の所属事務所によると、長女(14)と長男(9)の親権と養育権はCharaが持つことになるという。

 2人は94年に撮影された映画「PiCNiC(ピクニック)」(監督岩井俊二)での共演がきっかけで95年3月に結婚。昨年2月に浅野の主演映画「モンゴル」が第80回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた際には、ロサンゼルスでツーショット会見を行うなど幸せそうに見えた。

 一方で、浅野は国内外の映画に引っ張りだこで「年間で最高70%くらい家にいないこともあった」(所属事務所)といい、Charaも音楽活動で多忙なことから、すれ違いも多かった。

 双方がより仕事に専念できる環境を求めての「発展的離婚」としており、慰謝料などもなく、浅野が子供に会うことにも制限はないという。浅野はこの日、都内で音楽関係の仕事をこなした。

 ◆浅野 忠信(あさの・ただのぶ)本名佐藤忠信。1973年(昭48)11月27日、横浜市出身の35歳。88年にTBS「3年B組金八先生3」でデビュー。ギタリストとしてバンド活動も。主演映画「劒(つるぎ)岳 点の記」が公開中。血液型A。

 ◆Chara(ちゃら)本名非公表。1968年(昭43)1月13日、埼玉県出身の41歳。91年に歌手デビュー。96年、映画「スワロウテイル」に主演、主題歌「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」も歌ってオリコン1位に。血液型AB。

7月26日7時4分配信 スポニチアネックス配信より引用




================================
離婚を考える女性のコミュニティ
りことも.net 【掲示板もあるよ】
http://www.rikotomo.net/ 【PC版
http://www.rikotomo.net/m/ 【モバイル

↓【モバイル版はこちらも使ってね】


弁護士プロフィールを検索できます
 ロイヤーズプロフネット
http://www.lawyer-prof.net/【PC版】
http://www.lawyer-prof.net/m/【モバイル版】

弁護士にネットで■無料法律相談できます
 ロイプロ法律相談所
http://www.lawyer-prof.net/sodan/【PC版】
================================
【ニュース】”衝動離婚”防止へ「熟慮」義務付け
今回は、韓国でスタートしたおもしろい制度について、ご紹介します。

韓国の2008年の離婚件数は約11万7千件で、前年よりも約7500件減少したとのこと。
2004年をピークに離婚件数は年々減少傾向にあり、その一因として「離婚熟慮制度」が挙げられているとのことです。

もし日本にもこの制度が導入されたら。。

どんなメリット・デメリットが発生するのでしょうか。


韓国では、民法改正により、2008年6月から「離婚熟慮制度」がスタートした。この制度は、夫婦ゲンカの末、怒りに任せて離婚届を出してしまう衝動的な離婚を防ぐため「ちょっと頭を冷やしてよく考えなさい」と、冷却期間を置くというものだ。

 それまでは協議離婚する場合、裁判所に意思確認申請をして、財産分与や子供の養育権に関する協議書を提出した後、判事の前で離婚の意思が確認されれば、ただちに離婚が成立した。

 新しい制度が導入されてからは、未成年の子供がいる夫婦は3カ月、そうでない夫婦は1カ月の熟慮期間を経ないと離婚できなくなった。また、未成年の子供がいる場合は、親権や養育権に関する夫婦間の合意がないと離婚できない。

 ただ、家庭内暴力など緊急性を要するケースは、裁判所が熟慮期間を軽減または免除すると規定している。軽減される場合は1週間ほどで離婚が認められる。

 この制度を導入する特例法案が05年に国会に提出されたとき、「無分別な家族解体を防止する効果がある」という賛成意見があった一方、「国家が極めて個人的な問題に過度に介入することになる」と反対する意見もあった。

 05年から全国の裁判所でこの制度が試験的に導入されたが、衝動的な離婚の防止に効果があったことから本格的な導入となった。

 韓国統計庁によると、08年の離婚件数は約11万7千件で、前年よりも約7500件減少した。離婚件数は、カード破産による家庭崩壊が問題となった04年に急増し、約16万6千件を記録した。この年をピークに離婚件数は年々減少傾向にあり、その一因として「離婚熟慮制度」が挙げられている。(ソウル 水沼啓子)

産経ニュース 2009.7.20 08:41配信より引用




================================
離婚を考える女性のコミュニティ
りことも.net 【掲示板もあるよ】
http://www.rikotomo.net/ 【PC版
http://www.rikotomo.net/m/ 【モバイル

↓【モバイル版はこちらも使ってね】


弁護士プロフィールを検索できます
 ロイヤーズプロフネット
http://www.lawyer-prof.net/【PC版】
http://www.lawyer-prof.net/m/【モバイル版】

弁護士にネットで■無料法律相談できます
 ロイプロ法律相談所
http://www.lawyer-prof.net/sodan/【PC版】
================================
copyright © 2018 りこともブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。