FC2ブログ
離婚を考える女性のコミュニティ りことも.net

↓本家サイトはこちらです↓
りこともネット

離婚を考える女性のコミュニティサイト
も運営しています。

りことも.net http://www.rikotomo.net/

現在、271名の女性が登録してくださっています。

離婚をのりこえ、第2の人生をハツラツに生きている女性
離婚を前に、いろいろと悩みを抱えている女性
そんな女性たちの情報交換の場を提供していきたいです。

お気軽に遊びに来てくださいね。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ニュース】”衝動離婚”防止へ「熟慮」義務付け
今回は、韓国でスタートしたおもしろい制度について、ご紹介します。

韓国の2008年の離婚件数は約11万7千件で、前年よりも約7500件減少したとのこと。
2004年をピークに離婚件数は年々減少傾向にあり、その一因として「離婚熟慮制度」が挙げられているとのことです。

もし日本にもこの制度が導入されたら。。

どんなメリット・デメリットが発生するのでしょうか。


韓国では、民法改正により、2008年6月から「離婚熟慮制度」がスタートした。この制度は、夫婦ゲンカの末、怒りに任せて離婚届を出してしまう衝動的な離婚を防ぐため「ちょっと頭を冷やしてよく考えなさい」と、冷却期間を置くというものだ。

 それまでは協議離婚する場合、裁判所に意思確認申請をして、財産分与や子供の養育権に関する協議書を提出した後、判事の前で離婚の意思が確認されれば、ただちに離婚が成立した。

 新しい制度が導入されてからは、未成年の子供がいる夫婦は3カ月、そうでない夫婦は1カ月の熟慮期間を経ないと離婚できなくなった。また、未成年の子供がいる場合は、親権や養育権に関する夫婦間の合意がないと離婚できない。

 ただ、家庭内暴力など緊急性を要するケースは、裁判所が熟慮期間を軽減または免除すると規定している。軽減される場合は1週間ほどで離婚が認められる。

 この制度を導入する特例法案が05年に国会に提出されたとき、「無分別な家族解体を防止する効果がある」という賛成意見があった一方、「国家が極めて個人的な問題に過度に介入することになる」と反対する意見もあった。

 05年から全国の裁判所でこの制度が試験的に導入されたが、衝動的な離婚の防止に効果があったことから本格的な導入となった。

 韓国統計庁によると、08年の離婚件数は約11万7千件で、前年よりも約7500件減少した。離婚件数は、カード破産による家庭崩壊が問題となった04年に急増し、約16万6千件を記録した。この年をピークに離婚件数は年々減少傾向にあり、その一因として「離婚熟慮制度」が挙げられている。(ソウル 水沼啓子)

産経ニュース 2009.7.20 08:41配信より引用




================================
離婚を考える女性のコミュニティ
りことも.net 【掲示板もあるよ】
http://www.rikotomo.net/ 【PC版
http://www.rikotomo.net/m/ 【モバイル

↓【モバイル版はこちらも使ってね】


弁護士プロフィールを検索できます
 ロイヤーズプロフネット
http://www.lawyer-prof.net/【PC版】
http://www.lawyer-prof.net/m/【モバイル版】

弁護士にネットで■無料法律相談できます
 ロイプロ法律相談所
http://www.lawyer-prof.net/sodan/【PC版】
================================
スポンサーサイト
【ニュース】関東梅雨あけ~♪
ついに、関東まで梅雨明けです!

夏本番ですね!

じめじめ季節を乗り越え、元気はつらつな夏を迎えましょう!!







================================
離婚を考える女性のコミュニティ
りことも.net 【掲示板もあるよ】
http://www.rikotomo.net/ 【PC版
http://www.rikotomo.net/m/ 【モバイル

↓【モバイル版はこちらも使ってね】


弁護士プロフィールを検索できます
 ロイヤーズプロフネット
http://www.lawyer-prof.net/【PC版】
http://www.lawyer-prof.net/m/【モバイル版】

弁護士にネットで■無料法律相談できます
 ロイプロ法律相談所
http://www.lawyer-prof.net/sodan/【PC版】
================================
人生のやり直し、何歳でも 明るさ目立つ女性の離婚観
いまや、離婚で女性が泣き寝入りする時代でもなくなり、
また、離婚したくてもできないという時代でもなくなりつつあるようです。

しかし、夫婦の数だけ、夫婦間の問題はあるはず。。。

離婚について悩んでいる女性の方々、

まずは、気軽にりことも.netで、思いのたけを投稿してみませんか?



「何歳で離婚しても人生のやり直しはきく」。あらゆる年代で多くの人がそう考えていることが、美容や健康をテーマにした情報サイトを運営するヒューマ(東京)が行った調査で分かった。

 離婚を前向きにとらえる傾向は特に女性に強く、担当者は「男性より女性の方が割り切っているようだ」と話している。

 男性約1500人、女性約4900人を対象にインターネットで実施。年代ごとの意識を探った。実際に離婚歴がある人はそのうち16%だった。

 「再婚や一人になってやり直しがきくのは何歳までか」を尋ねたところ、すべての年代で男女ともに「年齢に関係なくやり直せる」との回答が最も多く、31%から44%を占めた。「30代から40代」にも答えが集中したが、最高でも22%にとどまった。

 「離婚のメリット」は、男性は「ない・思いつかない」が多かった(11~28%)が、女性は「夫や夫の家族から解放」「自分の時間が増加」が上位を占めた。

 離婚経験者のうち「離婚は自分から切り出した」とする男性は、30代から50代が30%台、60代以上でも50%に過ぎなかった。これに対し、女性は30代から50代が70%台、60代以上では83%にも上り、女性の方が離婚を自分の意思だったと考える人が多いことが分かった。


2009/06/12 06:19 【共同通信】 より 引用



離婚に関して、悩みや疑問が生じたら
 
りことも.netにアクセスしてね。


================================
離婚を考える女性のコミュニティ
りことも.net 【掲示板もあるよ】
http://www.rikotomo.net/ 【PC版
http://www.rikotomo.net/m/ 【モバイル

↓【モバイル版はこちらも使ってね】


弁護士プロフィールを検索できます
 ロイヤーズプロフネット
http://www.lawyer-prof.net/【PC版】
http://www.lawyer-prof.net/m/【モバイル版】

弁護士にネットで■無料法律相談できます
 ロイプロ法律相談所
http://www.lawyer-prof.net/sodan/【PC版】
================================
【ニュース】定額給付金:川口市、DV被害者に相当額を支給 /埼玉
定額給付金の支給が、全国各地で始まっていますが、
DV被害者(配偶者より避難中)への受け渡しに関して、各自治体の対応方法が問われています。

今日のニュースは埼玉県川口市
ぜひとも、参考にしてみてください。


 川口市は1日、ドメスティックバイオレンス(DV)から逃れるため世帯主と別居している被害者に、定額給付金と子育て応援特別手当に相当する額を支給すると発表した。

 対象は2月1日時点で市内に住民登録があるか、または市内在住者。7月1日から9月24日まで市子育て支援課で申請を受け付ける。【鴇沢哲雄】

6月2日朝刊





こまったときはりことも.netにアクセスしてね
================================
■本家サイトもよろしくね
りことも.net
http://www.rikotomo.net/ 【PC版
http://www.rikotomo.net/m/ 【モバイル

↓【モバイル版はこちらも使ってね】


■弁護士プロフィールを検索できます
 ロイヤーズプロフネット
http://www.lawyer-prof.net/【PC版】
http://www.lawyer-prof.net/m/【モバイル版】

■弁護士にネットで相談できます
 ロイプロ法律相談所
http://www.lawyer-prof.net/sodan/【PC版】
================================

DVあったのでしょうか【陣内さん&藤原紀香さん離婚】
まだまだ、この話題は、おさまりませんね。

藤原紀香さんが帰国しました。

そして、次から次へと明らかになる事実(なんでしょうか?なんともいえませんが)

離婚の話題がでたとう所からでていたDV疑惑。

やっぱりあったんでしょうか。

DVと夫婦喧嘩、線引きはかなり難しいところがありますが、
受けた側は精神的にも身体的にも傷を負うのは確かです。


紀香が帰国、DVに土下座強要も明らかに
3月26日9時53分配信 日刊スポーツ




 お笑いタレント陣内智則(35)と離婚した女優藤原紀香(37)が25日、滞在先のアフリカから帰国した。関西空港を経由して羽田に到着した紀香は、長旅の疲れや離婚の傷心を見せず、取材陣に笑顔であいさつ。「未来形で2人それぞれ頑張っていきます。どうかよろしくお願いします。応援してください」。再度結婚する気があるかを聞かれると「はいっ」。新たな恋を目指して、約2年ぶりとなるシングルライフのスタートを切った。



 前日の陣内の会見で、離婚原因は陣内自身の浮気だったことが明かされたが、26日発売の女性誌「女性セブン」で、紀香と親交の深い風水建築デザイナー直居由美里さんが離婚への経緯を赤裸々に語っている。「紀香の了承を得た上」と取材に応じ、陣内が再三否定しているドメスティックバイオレンス(DV)についても明かしている。



 2人がけんかをして、逆ギレした陣内が手を上げることも複数回あったという。昨年11月には、けんかの拍子に紀香が左手小指のつめをはがすけがをした。「言い争ううちに陣内さんが紀香を引きずり回す形になった。DVはないって彼は言うけど、あれは明らかに家庭内暴力でしょう」としている。



 仕事とは関係のないホテルの領収書やライターを見つけ、不信感を募らせる紀香の切実な様子や、行動をせんさくする紀香に対して「疑ったことを謝れ」「土下座しろ」と迫っていたことなども明かしている。紀香のブログには浮気の発覚以降「心がえぐられるような事実がわき出て…」とつづられていた。浮気以外の破局原因も浮上してきた。




合わせて、この度発表されたDVに関する内閣府の調査に関する記事も引用しておきます。

<DV>夫からDV、24%経験
2009年3月25日(水)13:00 毎日jp



内閣府が24日発表した「男女間における暴力に関する調査」によると、既婚女性では配偶者から身体的な暴力を受けた経験があるのは24・9%に上り、ドメスティックバイオレンス(DV)がはびこっていることが浮き彫りになった。身体的暴力を受けた既婚男性も13・6%。05年度の前回調査より女性が1・8ポイント、男性が0・2ポイント減少したものの、依然高い水準。






================================
本家サイトもよろしくね
りことも.net
http://www.rikotomo.net/ 【PC版
http://www.rikotomo.net/m/ 【モバイル

↓【モバイル版はこちらも使ってね】


■弁護士プロフィールを検索できます
 ロイヤーズプロフネット
http://www.lawyer-prof.net/【PC版】
http://www.lawyer-prof.net/m/【モバイル版】

================================
copyright © 2018 りこともブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。