離婚を考える女性のコミュニティ りことも.net

↓本家サイトはこちらです↓
りこともネット

離婚を考える女性のコミュニティサイト
も運営しています。

りことも.net http://www.rikotomo.net/

現在、271名の女性が登録してくださっています。

離婚をのりこえ、第2の人生をハツラツに生きている女性
離婚を前に、いろいろと悩みを抱えている女性
そんな女性たちの情報交換の場を提供していきたいです。

お気軽に遊びに来てくださいね。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「性格の不一致」「愛情喪失」が直ちに離婚事由となるか
近年、増加しつつある「熟年離婚

理由としては、

「子育ても終わったし、夫の退職を機に、夫と離婚をしたい」
といった、精神的なものが多く見られるようです。

さて実際に、上記のような理由は認められるのでしょうか??

この理由にあてはまるのが、

「性格の不一致」「愛情喪失」です

しかし、そもそも「性格の不一致」というものは、多かれ少なかれ、どこの夫婦でも抱えているものです。

また、「愛情の喪失」に関しては、離婚に踏み切る夫婦はやはり普通は「愛情の喪失」という状態になっているものです。

ですので、裁判所は

「性格の不一致」「愛情の喪失」が直ちに法的な離婚原因になるということを認めることに関して、

慎重な態度をとっているようです。

夫婦間の「性格の不一致」「愛情の喪失」に関して、その状態を打破すべく、夫婦がどんなにどんなに努力をしても、

修復が不可能である場合に関して、民法770条の「離婚を継続しがたい重大な事由」に該当するとして、

離婚を認める姿勢をあらわしています。


こまったときはりことも.netにアクセスしてね
================================
■本家サイトもよろしくね
りことも.net
http://www.rikotomo.net/ 【PC版
http://www.rikotomo.net/m/ 【モバイル

↓【モバイル版はこちらも使ってね】


■弁護士プロフィールを検索できます
 ロイヤーズプロフネット
http://www.lawyer-prof.net/【PC版】
http://www.lawyer-prof.net/m/【モバイル版】

■弁護士にネットで相談できます
 ロイプロ法律相談所
http://www.lawyer-prof.net/sodan/【PC版】
================================

スポンサーサイト
離婚後、旧姓に戻る?戻らない?
離婚したら旧姓に戻す?そのままでいる?

先日も触れましたが、女性の場合、結婚とともに夫側の姓に入ることが多く、
離婚の際に、旧姓に戻るか、そのままでいるかという問題がでてきますよね!

働く女性は、結婚時に旧姓のままの方が仕事の便宜上よいということでそのままに
している場合もあるかと思いますが、
やはり、結婚の喜びのひとつに「夫の姓をなのる」ということもあるでしょうし、
姓を変えている女性が多数をしめているかと思います。

今日は、大阪で行われた

============================================
結婚時の姓を11年間継続したあとに
                旧姓への変更を請求した例
============================================

をあげてみます。


============================================
ハナコさんは、結婚して夫側の姓に入りましたが、3年後協議離婚をしました。
離婚の際に、ハナコさんは、離婚後の婚姻中の姓を名のることを選び、
実家に戻り、以後11年間この姓で生活をしてきました。

しかし、実家の中でハナコさんだけが、姓が違うことでいろいろと煩わしいことが多くなり、
また郵便物などが、近所にすむハナコさんと同じ姓の家に誤配されたりなど、
不便を感じることが増えてきたため、
離婚後11年経っているにもかかわらず、「氏の変更許可」を申し立てました。


これに対し、裁判所はハナコさんの最初の姓の選択が軽率であったことを指摘し、
その後の試用期間が10年以上に及ぶことによる社会的認知度の高さを否定できないとしながらも、
「離婚復氏(離婚後、旧姓に戻ること)」が原則であること、
ハナコさんが感じている日常生活への不便さというものは、
戸籍法第107条第1項の「やむをえない事由」にあてはまることなどを根拠に、ハナコさんの申し立て
を認めました。


この判決で、申し立てを認めるポイントとなったのは、
婚姻中の姓の使用期間よりも、申し立てにきちんとした理由があること、
姓の変更を許可することによって第三者に社会的な弊害が発生する恐れがないこと
などが重く取り上げられたためです。

(大阪高等裁判所平成3年9月4日)

============================================


結婚によって姓を変える場合は、幸せ絶頂期であることもあり、
あまり苦にならないと思いますが、

離婚時は、ほかに考えなくちゃいけないことが山ほどあるのに

こういった手続きは面倒かと思いますが、
リセットする
本来の自分に戻る
といった意味でも旧姓に戻すのよいかもしれません

とにもかくにも

==========================
■離婚時の姓の選択は慎重に!
==========================

参考ブログ
わたしのゆくえ

子の氏の変更許可の申立書を提出しに行って来ました、裁判所。母の戸籍に移り母の氏を称したいときには,この申立てをして,家庭裁判所の許可を得る必要があります。と、離婚届けを提出した際に役所の人から案内がありました。ちなみに、裁判所からの許可書を持って役所に入籍届けを出すことではじめて子の氏が変わり母の戸籍に入ります。離婚届を出しても子供は元夫の戸籍に入ったままで姓も変わらず。すっごく嫌だった、この状態...
はじめての家庭裁判所





=========================
本家サイト
りことも.net
http://www.rikotomo.net/
=========================
copyright © 2018 りこともブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。